うつ病患者に見られる抜毛症について

うつ病の基礎知識

最終更新日:2014/09/09

うつ病患者に見られる抜毛症について

抜毛症とは自分の髪の毛を自ら抜いてしまうことで脱毛斑が生じてしまう症状です。髪を抜いてしまうという行為は強い心理的ストレスにさらされることによって誘発され、それが習慣化してしまった結果、抜毛症となります。 この抜毛症は20代までの若い世代に多く見られ、特に女性で多くなっており、男女比にすると男性が1割程度であるのに対し女性はおよそ9割と大多数をしめています。この症状はうつ病の一つとして現れることもあります。 うつ病は必ずこの症状が現れるといった決まったものが少なく、人それぞれ多様な症状が現れます。これまで健康状態に問題のなかった人が、急な頭痛や耳鳴り、めまいなどを訴え病院を訪れたところうつ病と診断されることもあります。抜毛症はその症状の一つとして現れ、髪の毛を抜くことで精神的安定を得ようとしたり、現実の問題から逃避しようとする行為と言われています。この行為が悪化すると髪の毛だけでなく睫毛や眉毛まで抜いてしまったり、さらには自傷行為に発展してしまう場合もあるため、早期に専門医の診断と治療を受けることが重要となります。

Valuable information

選べるモザイクタイル
http://www.tileshop-tamagawa.com/
シンプルなキャビネット
http://www.rakuten.co.jp/kinomama/
アスタキサンチンとは
http://www.asianholidaytours.com/
園芸用品の販売
http://www.wakui.co.jp/
おしゃれなスマホケース通販店
http://www.rakuten.co.jp/hotlegs/

2014/9/10 更新

COPYRIGHT(C) うつ病の基礎知識 ALL RIGHT RESERVED